« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月 7日 (日)

梅雨明け

夏雲を多く見かけるようになりました。家の近くではお祭りの太鼓の練習の音が鳴り響き、夏の訪れを感じます

何度も言いますが、私は夏が大好きです子供もどんどん大きくなるにつれ、毎年、夏の楽しみ方も変わりつつ今年はこれができる、あれができるなんて考えていると、ワクワクします

下の子も1歳4か月を迎え、すっかりあんよも上手になり、自我もより芽生え、姉妹違った個性を見れて面白いです上の子はおしゃべりがますます進み、対等に会話できて、二歳でこんなこと言うか!と思うことの連続で、間違いなく今の子供は進化して産まれてきていると思うことが多々ありです。思っている以上に大人の物事もわかっている分、子供のお陰で親の霊的成長も進ませていただいているこの頃です(^-^;

自分の世界も認識し始め、親の都合だけでは動かない、納得しないといった感じでしょうか。身体はまだまだ小さいですが子供とは言え、物事理解させないと動かないといった部分を見ると、「個」として尊重して話していく時代なんだな~とつくづく思います。自分が子供だった昭和の時代の子供とは全く違った人種の転生が多く見られる時代なので、育児の考え、教育方針、社会的概念の思考を変えていくのは親の方なのかもしれないと、育児を通しても、時代の大きなシフトの変化をより強く感じます。

親と子供の人生は別物。親と違った趣味や、思想、概念etc・・・を受け入れ、子供が望む方向性を見守り、自分の魂にあった生き方ができるよう、サポートしていきたいです♪これだけは親がなんと言おうとも変えることはできません。それがその子の「本質」ですからアーティスト系のエネルギー持っている子にサラリーマンになれ!と言ってもストレスですし、専門職のエネルギー持っている子に、事務職になりなさい!と言っても最初は従うかもしれませんが、魂の「本質」が納得しないのです。 ← あっ!これ昔の私です(笑)ずっと「何かが違う・・・」といった葛藤の中で生きていくケースが多く見られます。

ただここで勘違いしていただきたくないのは、「社会の道徳」は親として教えていかないといけない部分ですよね。人を傷つけてはいけない、順番を守る、食事のマナーなど、こればかりは小さい子供が自分で勝手に学ぶことはできませんし。なので、年齢に合わせて教えていくこともたくさんあるということです。

今世、「育児」といった素晴らし体験をさせていただいているので、その体験を存分に楽しみながら、過ごしていきたい毎日です

さぁ~!いよいよ季節は夏に突入!キラキラ太陽のように毎日輝いていきましょう

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

下の子で~す。大きな女の子♪

Nene1

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »